虫歯治療

虫歯とは、ミュータンス菌と呼ばれる口腔内細菌が産生する酸によって歯が溶けることでおこります。表面が白濁した状態(CO)ではフッ素塗布やプラークコントロールにより、再石灰化して元の状態に戻る場合があります。しかし、穴があき始めると、悪い部分を削らなくてはなりません。大きさによって、詰め物で対応する場合と、かぶせ物が必要な場合とがあります。更に大きな虫歯になると、神経までも侵し、治療期間も長くかかります。 虫歯治療には早期発見、早期治療が大切です。

歯周病治療

歯周病とは、口腔内細菌が歯と歯肉の間に定着することで、歯肉に炎症を起こしたり、歯の周囲の骨を溶かす病気です。ほとんどの場合は激しい痛みを感じず、免疫力が落ちたときに少しうずいたり、鈍い痛みを感じる程度です。しかし、放っておくと骨がどんどん吸収し、歯がグラグラし始めて、歯の保存自体が難しくなる場合があります。 当院では検査後、口腔内細菌を実際に見ていただいて歯周病についてご理解とご協力を頂き、予防・治療・再発防止を目標とした治療を行っています。

予防歯科

歯磨きの目的は歯垢(プラーク)を落とすことです。歯垢(プラーク)とは虫歯・歯周病の原因となる口腔内細菌の塊です。この歯垢(プラーク)をしっかりと落とさなければ、やがて歯石となり、日常の歯磨きでは除去することが困難になります。 丁寧な歯磨きを心掛けていても必ず磨き残しは存在し、放置すると、虫歯・歯周病になるリスクを高くしてしまいます。 当院ではそうした疾患の予防のため、定期的な検診をお勧めしています。 主に歯周検査・カリエスチェック・咬合診査・PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)・歯石除去・ブラッシング指導・フッ素塗布などを行います。

小児歯科

お子様の治療は、ただ虫歯を治すだけではありません。
当院では虫歯にならないための予防を重要視しています。そのためには保護者の方の協力が必要となってきます。3ヶ月に一度の定期的な検診や適切なブラッシング指導などを行い、必要に応じてフッ素塗布やシーラントなどの予防処置を行っています。

インプラント治療

従来のブリッジや入れ歯にに代わる治療法です。 通常、歯を失った場合はその両隣の健全な歯を削ってブリッジにするか、着脱式の入れ歯を装着することになります。ブリッジは健康な歯を削ることで、その支えとなる歯の寿命は短くなります。入れ歯は審美的に悪く、違和感も大きい治療法です。 インプラント治療とは、失った歯の部分に生体親和性の高いチタン製の人工歯根を骨の中に埋め込むことで、本来の歯と機能的・審美的に近い状態に戻すことを目標とした治療です。

審美歯科(ホワイトニング)

歯の色は元々真っ白ではなく少し黄色みを帯びた乳白色をしています。しかし、人によっては変色をしている方もいます。それを白くする方法として、ホワイトニングがあります。 また、ホワイトニングでは対処しきれない変色にはラミネートベニアやオールセラミックス等の補綴治療が必要となる場合があります。経時的に変色する保険材料とは違い、長期間自然な色合いを保ちます。