子供の歯ぎしり

『子供の寝ている間の歯ぎしりが気になる』とご相談を受けることがしばしばあります。

結構な音を立てるので、びっくりしますよね。ですが、問題はありません。

乳歯が生えそろうのは2歳半~3歳くらいです。その時はしっかりと噛んでいることが多いです。しかし、子供のあごは成長します。それも上下同じように成長するのではなく、下が成長した後に上が成長し、また下が大きくなるといった具合に交互に少しずつ成長します。

それによって噛み方が少しずつ変化します。

眠っている間は歯ぎしりをすることによって、上下の歯をすり合わせ、噛み合わせを調整しているのです。

歯の表面のエナメル質は人体で最も硬い組織です。それらが調整しようとすり合わされれば、大きな音がなって当然です。

お子様が歯の痛みなどを訴えず、大きくかけた跡がないようであれば特に問題はありません。