虫歯の原因

歯が悪くなると「年のせいだから」と言いたくなります。しかし、80歳でもむし歯のない方はいらっしゃいます。

では、「虫歯の原因」は何でしょうか?

虫歯の直接の原因はミュータンス菌といわれる細菌ですが、虫歯になりやすさは ①歯 ②細菌 ③食べ物 ④時間 の4つの要素の組み合わせといわれています。

①歯:フッ素を上手に使うことで歯の表面の再石灰化促進や酸に対する抵抗性を強めたり、細菌の活性を抑える効果があります。

②細菌:しっかり歯磨きをすることと定期検診で細菌の量を少なくコントロールできます。

③食べ物:砂糖(ショ糖)は細菌の餌になります。甘いものは控えましょう。また、粘着性の食べ物は歯にからまりやすく細菌を取り除きにくくなります。食べた後は歯磨きやうがいをしてできるだけ早く取り除きましょう。

④時間:ものを食べるとお口の中は酸性に傾き歯の表面が溶けやすい状態になります。しかし、時間が経つと唾液の緩衝能によって中性に戻り、歯の再石灰化を促します。だらだらと長い時間食べ続けると酸性の時間が長くなり、歯を溶かす原因となります。間食は時間を決めて食べましょう。