保険診療と自由診療について

歯科の治療は、健康保険が使える「保険治療」と健康保険が使えない「保険外(自由)治療」の2種類に分けられます。
当院では、基本的に保険診療を行っております。しかし、審美的な問題だけではなく健康という観点から、材料の選択をご相談させていただく場合もございます。

保険診療とは

健康保険の範囲で行われる治療です。
基本的な機能の回復を目的としているため、治療の範囲は限定されます。しかし、保険で治療費が負担されるため、ご自身で支払う治療費が比較的少ないです。使用する素材・治療法なども限定されてきます。

自由診療とは

自由診療とは保険制度の制約がなく、自由な範囲で行える治療です。
保険の範囲では十分な診査や治療ができない場合でも、自由診療で手を加えることにより歯の保存を可能にしたり、予後をより良いものとすることが可能です。また、審美的・機能的・精度的・耐久性にも、より良いものをご提供できます。

保険診療と自由診療の比較表

保険診療 自由診療
時間をかけて丁寧に治療してもらえる
ベストな治療を受けられる
費用が安い ×
見た目がキレイな治療ができる ×
精度の高い治療ができる ×

国民皆保険制度は、すべての方が平等に受けられる素晴らしい制度である反面、歯科治療においては必要最低限の治療を保証するものであり、最善・最良の治療とは限りません。
例えば、小さなむし歯や軽い歯周病なら、保険診療でもそれほど問題ありません。しかし、悪化したむし歯や進行した歯周病には、自由診療の方が患者さんにとってベストな治療をご提供できることが多いのは事実です。

当院は自由診療を
無理にお勧めしません

治療を開始する前に、診査・診断の結果をもとに、治療方法を説明をさせていただきます。これは患者さんに保険・保険外を問わず、どのような治療方法があるかを知っていただくためです。

そのため、決して自由診療を無理にお勧めするようなことはありません。どちらの内容も把握していただいた上で、患者さんご自身のご希望・ご要望に応じて治療計画を選択をしていただきます。