入れ歯治療

歯を失ってしまった場合に、他の修復方法と比べてもっともポピュラーで侵襲が少なく、かつ比較的早期に治療を進めることのできる治療法が入れ歯治療です。
1本から全顎まで、幅広い範囲で歯を補う修復が可能です。ただし、欠損の大きさにより、違和感や食事の制限が大きくなる場合があります。

入れ歯は保険診療を選択すれば比較的安価でつくることができますが、口を開けたときに金属のバネが目立ったり、入れ歯そのものに厚みがあるため、口の中に違和感があるなどのお悩みを持つ方が多いです。よく噛めなかったり、外れやすかったりという不具合が生じることもあります。

当院ではそういった場合、患者さんのお口と噛み合わせに合わせ作製した入れ歯の調整を行います。
患者さんのお口の状況に合わせて、入れ歯の設計や材質をご提案させていただきますので、入れ歯でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

合わない入れ歯を使い続けることの悪影響

歯ぐきの退縮や入れ歯の摩耗などが原因で合わない入れ歯をしていると、上下のバランスが悪くなって入れ歯を上手く扱えず、ガタついて外れやすくなったり痛みを感じ始めます。
長期間入れ歯が合わないままでいると、口腔内の粘膜に傷や腫瘍ができてしまい、さらなる痛みを伴う恐れがあります。
噛み合わせの問題が原因の悪習癖や顎関節への悪影響も懸念されますので、入れ歯が合わないと感じたら早目に歯科医院で調整してもらいましょう。

ブリッジ治療

歯を失ってしまった場合に、失った歯の両隣の歯を削って土台を作り、そこに橋(ブリッジ)を渡すように人工の歯を装着する治療方法です。入れ歯と違って着脱する必要はありませんので、違和感が少ないというのが特長です。

土台にする歯がしっかりしていれば、何本か歯を失っていてもブリッジにすることもできます。
ただし、土台となる歯が健康でない場合や欠損部が連続して数本にわたる場合などは適応できない場合があります。
また、土台となる両隣の健康な歯を削る必要があり、土台となる歯に負担をかけてしまうため、歯の寿命を縮めてしまいます。
ブリッジと土台となった歯の境目はむし歯になりやすいので、ブリッジの装着後は念入りなブラッシングを行い、むし歯を再発させないようにすることが大切になります。

当院では、患者さんのお口の状態に合わせた無理のない設計や将来性を考えた治療計画を提案しております。

歯が抜けたまま放置していることの悪影響

むし歯や歯周病といったトラブルや事故などによって歯を失ってしまった場合、特に奥歯のように目立たない箇所では「治療が面倒だから」といってそのままにされる方がいます。
それが1本であっても、ぽっかり空いたスペースをそのままにすることは、口腔内環境のトラブルを招く原因になりかねません。

骨の吸収

歯が抜けると、歯が生えていた場所の骨は廃用性萎縮という現象が起き減少していきます。
これは、今まで骨に伝わっていた噛むときの力がなくなったことで、歯槽骨がその役割を終え消失していく現象です。
歯がない状態で顎の骨がやせてしまうと、その後入れ歯を入れても食べ物を噛む力がほとんどなく、食べ物を食べることが困難になってしまいます。

歯並びの悪化

歯が抜けると、抜けてしまった歯と噛み合っていた歯が噛み合う相手がなくなって伸びてきたり、空いたスペースを埋めようと両隣の歯が徐々に動いてきたりするため、歯並びが乱れてしまいます。
歯並びの乱れが原因で顎関節症が引き起こされることもあります。また歯並びの悪化により舌が歯に当たるようになり、発音に影響が出ることも考えられます。