予防治療について

毎日の歯みがきの目的は歯垢(プラーク)を落とすことです。歯垢とはむし歯・歯周病の原因となるミュータンス菌などの口腔内細菌の塊です。口腔内細菌は種類は違えどもすべての人のお口の中に存在していて、無菌にすることもお薬で取り除くこともできません。
この歯垢をしっかりと落とさなければ、やがて歯垢は歯石となり、日常の歯磨きでは除去することが難しくなります。 口腔内細菌の数を減らしうまくコントロールする(プラークコントロール)ことによって、むし歯や歯周病になりにくい環境を作ることが大切です。

ところが、丁寧な歯みがきを心がけていてもほとんどの方にみがき残しが存在します。
放置するとむし歯・歯周病になるリスクが高くなりますので、当院ではそうした疾患の予防のため、定期的な検診をお勧めしています。
主にPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)・ブラッシング指導・フッ素塗布・シーラントなどを行っております。

歯科診療の基本は「治療」よりも「予防」です。定期検診を受けることで、もしむし歯や歯周病になっていても、早期発見・早期治療ができるきっかけにつながります。結果的に予防のために定期的にメンテナンスをすることで、治療にかかる時間や費用もかからず、歯の喪失を防ぐことにつながります。

お口の健康と全身の関係

歯科医院で行う定期検診を口腔内だけの健康管理としてとらえるのではなく、全身の健康・QOL(生活の質)向上につながると認識することが重要です。
近年、口腔内細菌が全身疾患と大きく関わっていることが明らかになっています。
また、しっかりと噛むことにより全身的な“フレイル”の改善にも役立つことが報告されています。

参考「フレイルとは」

厚生労働省研究班の報告書では「加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり生活機能が障害され心身の脆弱性が出現した状態であるが、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態像」とされています。

予防治療メニュー

PMTC

専用のクリーニング機材を使用して行う、歯のクリーニングです。
歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目・歯の細かい溝などに蓄積された汚れを徹底的にきれいにします。また、PMTCならタバコのヤニや紅茶・コーヒー・ワインなどを原因とする軽度の着色汚れを落とすことも可能です。

フッ素塗布

歯質を強化するはたらきを持つフッ素を歯の表面に塗布することで、歯の結晶化を促し歯を強くすることが出来ます。歯を強くすることで、むし歯のリスクを軽減することが出来ます。
繰り返し塗布することで継続的に効果が得られます。

プラーク染めだし

毎日きちんとブラッシングしているつもりでも、どうしても出てしまうのがみがき残し。その汚れに細菌が付着して増殖すると歯垢(プラーク)になります。染め出し液を使ってそのプラークを目に見えるようにすることで、ブラッシングのクセやみがきにくい部分を把握。ブラッシング指導に役立てます。

ブラッシング指導

むし歯・歯周病予防は、毎日の正しいブラッシングからはじまります。
歯並びなどの口腔内の状態は一人ひとり異なっているため、それぞれに合ったブラッシング方法で毎日正しいお手入れすることが大切です。

シーラント

複雑な溝を持つためプラークが溜りやすく、ブラッシングがしにくいことでむし歯になりやすい奥歯。その溝をあらかじめフッ素入りのセメントや合成樹脂で埋めてしまい、むし歯を予防する処置です。