審美修復治療

むし歯の治療で削った歯の詰め物や被せ物を、白く自然な色合いのセラミックで作り、治療したあとが分かりにくいようにするのが審美修復治療です。

セラミックの詰め物や被せ物は、金属製の詰め物や被せ物に比べると歯垢がつきにくく、また、詰め物や被せ物の材料に金属を含まないので、金属アレルギーの心配がなく体にもやさしいという特長があります。
このように、ただ見た目の美しさを求めて白い詰め物や被せ物にするだけではなく、歯肉との調和、噛み合わせはもとより、長期的に見て本当にお口の健康のために良いことなのかどうかを考慮する必要があるのです。

当院では、ジルコニア・オールセラミック・P.F.M.(メタルボンド)・ダイレクトボンディングなどの広いニーズに対応し、それぞれのメリット・デメリットをご説明させていただいて、ご納得いただいた上で治療を行います。
口元の美しさはお顔全体の雰囲気を変えます。歯並び・色調・歯の形態を考慮することで、より自然感のある状態を取り戻すことができるのです。

局所矯正(LOT治療)

矯正専門医で行われるような歯列全体を矯正する治療ではなく、部分的な歯並びや噛み合わせの改善・修復予定歯の状態をより良くするための矯正です。

例えば、歯が1本だけ飛び出ている場合や前歯が少し重なっている場合、奥歯が倒れてしまってインプラントやブリッジが出来ないような場合など、様々な場面で適用されます。

審美修復治療と組み合わせることで、より健康な状態にすることが可能となります。